倉橋惣三 略歴

明治15年12月28日生まれ、昭和30年4月21日没。

お茶の水女子大学名誉教授。

従三位勲三等旭日中授章。

 

大正から昭和にかけて活躍した日本の児童心理学者。

ドイツの教育学者で幼児教育の祖であるフレーベルの思想に影響を受け、日本の堅苦しかった保育や幼児教育を改革していった、「日本のフレーベル」とも言える存在として知られている。

日本の幼児教育の先駆けとなった東京女子高等師範学校附属幼稚園(現・お茶の水女子大学附属幼稚園)で主事を勤める。

 

倉橋はフレーベルの教育思想を重視しながら、自らも「誘導保育」と呼ばれる保育方針を打ち立てた。

「誘導保育」とは、子どもが持つ「自らの内に育つ力」を大切にし、子どもが自発的に自由に遊ぶ中で「自己充実」を目指すという教育方針。周囲の大人が教え導くのは、その自己充実のために刺激を与え、環境を構築することと説いた。

その功績が認められ、昭和3年、5年、9年~12年の6年間にわたって、昭和天皇皇后両陛下に御進講を務め、その後、皇太子殿下(現 上皇陛下)が小学校に上がるまでの2年間、遊び相手として出仕を務めた。

 


主な書籍

 

『幼稚園雑草』1926年(昭和1年)

『幼稚園真諦』1934年(昭和9年)

『育ての心』 1936年(昭和11年)

『子供讃歌』1954年(昭和29年)    

 

 いずれもフレーベル館「倉橋惣三文庫」より現代版が発刊中。

 


 

2021年11月25日発売!!

 

事実をもとに描く感動の物語

倉橋惣三物語

-上皇さまの教育係

 

倉橋燿子 / 倉橋麻生 著・講談社

 

 

不器用で引っ込み思案な少年は、数々の出会いに導かれ、やがて”近代幼児教育の父”と呼ばれる教育者になった――。

 

遺された日記などの貴重な資料をもとに描く、波瀾万丈の人生。感動の物語。

 

 

 

各書店にて予約受付中!