倉橋惣三のことば

倉橋惣三は、講演や著書だけでなく、雑誌や新聞などさまざまな媒体に精力的に執筆しました。

その残された数多くの言葉は、100年経った今も尚みずみずしく、私たちの心に響くものばかりです。

 

このページでは、そんな倉橋惣三の言葉の一部をご紹介します。

 


「母の誕生・母の成長」

 

赤ン坊の初めて生まれた家へ祝いに出かけて、
「この度はお目出度うございます。お二人の御誕生まことにこの上ないことです」
というと、どの産婦さんも皆、変な顔をする。
「いやこれは私の申しようが足りなかった。まず以て第一のおよろこびが、お子さんの初の御誕生であることは申すまでもありませぬ。しかし、その上にもう一つお祝い申し上げたいのは、あなたが新しく母になられたお喜びです。

あなたも、この度初めて母というものに誕生せられたわけではありませんか。私は、そのお祝いをも、併せていわずにはいられないのです」

 ……

世間では、母が子を生むと平気でいうが、これほど論理の順が間違っているいい方はない。
勿論その反対に、子が母を生むというのも、いい方として奇妙に聞こえるが、実のところはその方がかえって順にあっているかも知れない。
何といっても、子があってこその母だからである。
鶏がさきか卵がさきかといってよく議論するが、母と子の場合はそんな面倒な議論ではない。わが子を抱いて初めて母の体験がはじまる。その事実上の順序だけの話である。しかも、そこにこそ、母ということの深い意味があるというものではあるまいか。

『育ての心 』より

「母の誕生・母の成長」

 

「わが子のため」それは最も美しい言葉である。

「母自らのため」。それは極めて好ましくない響にも聞こえる言葉である。

 

しかし、実はわが子のためが自分のためになるのが母の生活である。

そして、自分のためがわが子のためと同じことに帰着するのが母の生活である。

自分もわが子のお陰で母になれた。これからも母としてますます成長すると気がついた時、初めて真に、母として生命づけられるというものである。

母と子は血の関係というが、それはただ血肉の結びつきという意味には止まらない。ましてや子が母から血肉を享けたという関係だけではない。

母も常に、子から血肉を享けているのである。わが子に与えるばかりでなくわが子からもたえず与えられているのが母である。

子も生まれ母も生まれ、子も育てられ母も育てられる。なんにも変わった事をいっているのではない。思えば嬉しさが込み上げてくるような真実である。


『育ての心 』より